東京都は2017年11月、東京が世界に冠たる国際金融都市として輝くために、目指すべき都市像、
今後実施していくべき具体的施策等をまとめた「国際金融都市・東京」構想を発表しました。
その中の1つの施策として、都民のニーズ等の解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者、
及びESG投資の普及を実践する金融事業者を表彰する「東京金融賞」を創設しました。
この東京金融賞は2つの部門から成り立っています。

①「金融イノベーション部門」
都民及び都内事業者の方々が日々感じられている金融サービスに係るニーズや課題を伺い、これらの解決策を金融事業者から募集します。
②「ESG投資部門」
ESG投資部門では、2つの応募カテゴリを用意しておりまして、ESG投資の普及活動を実践する金融事業者(ESG投資カテゴリ)及び、今年度はSDGs経営の取組を実践する事業者(SDGsカテゴリ)も募集いたします。